099-269-7498

メールでのお問い合わせはこちら

実践経営塾 気功教室

2019年度、実践経営塾

本年度の実践経営塾は、予定通り5月25日に第1回目の勉強会が始まりました。
今年度の受講者は10名ほどで多くはありませんが、ほとんどの塾生は独立開業しているので極めて実践的かつ高度な内容です。特に気功治療に関しては、塾生は皆、一定以上の実力がありますので、お互いに治療し合う中でも新たな発見があります。

2008年5月、開業鍼灸師及び勤務鍼灸師を対象に実践的な治療技術を指導する目的で開講しました。現在まで、10数名の塾生が県内外にて独立開業しています。

令和元年度(2019年度)塾生募集中!

当院院長が平成20年度から開講しております「鍼灸、気功、整体 実践経営塾」は平成31年度(2019年度)で12年目を迎えますが、今年度は、5月25日(土)を第1回の勉強会としてスタート致します。 今年度も来年3月までの11回行い、時間は毎月第4土曜日の午後6時から8時半までとします。日程の変更はほとんどないかと思いますが、もしも変更する場合は事前に連絡致します。 今年度も特別に新入会者の為の初級クラスを設けることはできませんので、先輩塾生のアドバイスも参考にしながら、少しずつ技術を覚えていただくことになります。当塾には、異なる経歴、異なる年代の鍼灸師が在籍しておりますので、互いに治療家として刺激を与え合うことを期待しております。

入会の要件
  • "鍼灸の国家資格を有する者"で、実践的な特殊治療技術を真摯に学ぼうとする方。
  • 鍼灸院または整骨鍼灸院を自営しているか、将来独立を希望する勤務鍼灸師。
  • 鍼灸のみならず整体術や気功法を学んで治療の幅を広げたいと考えている方。
  • 受講料は、来年3月までの11回で3万円。第一回時に全額、または半期分1万5千円を納入して頂きます。

※当塾に入会希望者は、事前にメールまたはFAX(099-269-7498)にてお知らせ下さい。

令和元年度、第3回実践経営塾(令和元年7月27日)

この日は、人吉市から参加された副塾長の楠久宗先生はじめ、奄美大島、大分市、八代市からの県外在住の塾生たちも参加してくれました。実践的な技術を学んだ後に、お互いの体を調整して、充実した時間を過ごしました。

令和元年度、第5回実践経営塾(令和元年9月28日)

「令和元年度、第5回実践経営塾」(令和元年9月28日)
この日は、てい鍼を用いて改めて、外気功の効果を確かめるために、二人一組になりお互いに気功治療を行った。同じツボの組み合わせで治療しても、気の出る量により効果がことなることを確認して、自分自身の気を高める為の、内養功の鍛錬が必要であることを改めて確認できたことは有意義でありました。

令和元年度、第10回実践経営塾(令和2年2月22日)

この日は参加塾生全員が、私が指定した両足先のツボから3センチほど離れた所から、二本の銀のてい鍼で、3分ほど気を送り、次に下腹部の臍下丹田の上、5センチほどに右手のひらをかざし、やはり気を3分間送り、骨盤の歪みや腹部の圧痛が消失する事を確認した。現在在籍している塾生は、ほぼすべて基本的な気功治療ができるので、今後は、それぞれの治療院で自分の特徴を活かした気功治療を発展させ、多くの患者の苦痛を取り除き、一隅を照らす治療家になってくれる事を塾長として願っているところです。

気功教室へのお誘い

当院院長が約10年前から、気功教室を主宰しております。当初は武道家に対して脱力や呼吸法を指導していましたが、現在は会員の大多数が当院の患者さんで、特に運動をしている方も少ないので、呼吸法や脱力法で体を緩めた後、内養功で内気を強め、発功法で掌や指先から気を発する訓練をし、最後にお互いに気を出して、体を整えることをして終わります。
最近は比較的高齢者が多いこともあり、激しい動作はあまりせずに、楽しく気功治療ができるように心がけております。

令和2年度、第1回気功教室

1月11日(土)夜7時より14名の参加者と共に、気功柔軟法から始まり、充分に全身の関節、筋肉を緩めてから、呉式太極拳の基礎動作2つを行い、下半身の鍛錬を行い外気功法を行える体に整えました。その後、2人づつ組んで、お互いに気を出し、気の存在を確認してから、足先や頭部から気を流して体を整え、講習を終えました。

気功教室のスナップ写真

Step01

体の硬い会員がモデルとなり、前屈動作を行う。指先が畳から約 10センチところまでやっと届く程度。

Step02

会員歴が比較的短い女性会員に、モデルの足もとから頭に抜けるように、両手の掌から5分ほど気を放射してもらう。

Step03

気の放出前と同じように、立位で前屈してもらうと、両手が畳に着くようになり、柔軟性が明らかに増した。気功柔軟法をした後では、気功の未経験者でも、ほぼこのような効果が体験でき、気の存在と気功治療の有効性を確認することができる。

Step01

最初に、院長が考案した「気功柔軟法」を約40分かけてゆっくりとした呼吸と共に行い、体のほとんどすべての関節を緩め、頭がリラックスして下半身が充実する「上虚下実」の状態を作ります。

Step02

気功柔軟法で完全に心身を緩めた後、手のひらの労宮穴や指先から放出する発功法や、気の動きを感じ取る為の太極推手を行い、気に対する感覚を高めます。

Step03

最後の20分は、二人一組になり、お互いに足の裏の湧泉穴や頭頂の百会穴から、皮膚には触れずに気を放出する「外気法」や、高度な治療テクニックである「自律神経調整法」を行い、体の歪みや圧痛、精神状態が改善することを確認します。気功柔軟法を行った後では、初心者でも気功治療ができる場合が多くあり、自身の潜在能力に驚かれる会員も少なくありません。

2019年4月の気功教室(昼の部)

気功柔軟法を入念に行い、手のひらや指先から気を放出する発効法の訓練をしてから、2人1組になり、交互に足先から頭にかけて、手のひらから気を放出する。5分ほど気を放出して、骨盤のねじれや複数の圧通点が消失、あるいはj軽減したことを確認する。また、気を受けた後は、頭の緊張が緩み、目だはっきりするなどの自覚症状の改善がみられる場合が多い。

私(村松)が、2人に対して同時に気を放出し、気功治療を行なっているところ。相手が3人でも5人でも、気が放出され、相手と繋がった感覚が出てくれば、同様の効果が得られる。しかし、これはデモンストレーションとして行なっているのであり、平素私が行なっている治療方法とは若干異なる。1日に10数人の患者さんの治療を行う場合には、 少ない気の放出で効率的に治療を行う必要があり、金と銀のてい鍼を用い、患者さんの状態に合わせた特定のツボから気を 流す方法をとる場合が多い。

日時 毎月
第2土曜日 午後7時~8時50分
第4水曜日 午後2時10分~4時
どちらか一回でも可。
(変更することがありますので、確認してからおいで下さい。)
会場 谷山市民会館 2階和室
(谷山中央3丁目、電話 099-267-5988)
参加費 一回、一人1,000円(会場費、資料代含む)※入会金はありません。
その他 運動のできる服装(ジャージなど)を用意して下さい。
初めて参加される方は、必ず事前に連絡して下さい。
夜の部
  • 4月18日(土)午後7時~8時50分
  • 5月9日(土)  同  上
昼の部
  • 4月22日(水)午後2時10分~4時
  • 5月27日(水) 同  上

鹿児島武術・医療気功研究会
主宰 村松輝久 (携帯電話 090-3416-9279)

気功柔軟法の解説書が完成しました

「気功柔軟法」の解説書が令和元年6月にやっと完成いたしました。
写真を100枚以上使って、初心者にも分かりやすく説明しています。気を手先や手のひらから放出する「外気功法」の具体的な訓練法である「基礎発功法」も合わせて掲載しております。
一部600円(税込)。市販はしておりませんので、気功教室でお求め下さい

村松鍼灸院
〒891-0141 
鹿児島県鹿児島市谷山中央3丁目4601番地1 
TEL/FAX:099-269-7498
【 診療時間 】
[月~金]
8:00~12:00 
14:00~18:00 
[水]
8:00~12:00 
[土]
8:00~12:00
※休診日:日曜・祝祭日・水曜/土曜の午後
※治療を希望される方は、必ず電話予約をしてからご来院ください。

PAGETOP